スライドショー















 

2020/1/9更新

千葉支部ホームページにようこそ

 千葉支部は2007年6月24日、28番目の支部として発足した新しい支部です。 会員の他に、将来の会員を目指すための会友制度があり、会員と会友を合わせ計約130人が山登りを楽しんでいます。 房総半島の最高峰は鴨川の愛宕山です。高さは408メートルと東京スカイツリーより低く、また房総の山なみは東京タワー と肩を並べる程度ですが、一歩足を踏み入れると、標高が低いがゆえに①自分の位置がわからない②見通しがきかない ③複雑な地形…と、地図読みの力が試されます。支部では「房総半島分水嶺の踏査」を3年がかりで実施、 このことがテレビや新聞などマスコミに紹介され、記録集も発行しました。

 仲間たちは岩登り、沢歩き、縦走、ハイキングと自分に合ったスタイルでクラブライフを楽しんでいます。 「行ってみようかな」と思ったら、ぜひ声をかけて下さい。

支部長  

トピックス

one安間繁樹氏(千葉支部会員) 2019年秩父宮記念山岳賞受賞 「熱帯雨林における生物調査と探求」により

two小疇尚氏(千葉支部会員) 2018年秩父宮記念山岳賞受賞 「日本の山岳景観に関する研究」により

three大澤雅彦氏(千葉支部会員) 2014年秩父宮記念山岳賞受賞「湿潤アジア山岳の垂直分布帯の成立と保全に関する生態学的研究」により

four房総半島分水嶺調査報告書の出版 (約110Km続く房総半島の背骨を3年半、30回調査した記録です。)

four千葉支部たより一覧